LinkedInは、プロフェッショナルなコネクションを形成するのに最適なプラットフォームです。 そのつながりは、新たなチャンスにつながる貴重なものです。 しかし、いくつかの接続が一巡して、もう必要ないかもしれません。 ゆえに、随時コネクションを整理することは重要なので、linkedinでコネクションを削除する方法を学ぶことができます。 さらに、いくつかのコネクションを削除することで、アカウントをよりプロフェッショナルに整理することができ、より実りある貴重な機会を得ることができます。 LinkedInにもネットワークサイズの条件があるので、不要になったコネクションを削除しておくと便利ですよ。

how to remove a connection on linkedin

LinkedInのコネクションを削除したい理由はたくさんあります。 現実的には、いくつかの接続は、時間が経つと、特に彼らがスパム的な更新を一貫して行っている場合には、迷惑なことになります。 それらの多くは場所を取り、プラットフォームを使用する上で頭痛の種となるかもしれません。 随時、アカウントをキュレーションすることで、プラットフォームの良さを最大限に発揮できるようにすることが大切です。

Linkedは確かに人脈を作り、人脈を増やすのに最適なプラットフォームですが、プロフェッショナルで効率的な状態を保ちたいのであれば、一部の人脈はリストから削除する必要があります。 LinkedInでコンタクトリストを管理することは、ワードローブを管理するのと同じようなものです。 考えてみてください、あなたは毎日着る服にかなりの思い入れがあるはずです。 最高の選択だけを自分のワードローブに入れる。 同様に、LinkedInのリストも、最高のものだけを取り込み、最も価値のあるものだけを残すような方法で管理する必要があります。 コネクションをより実りあるものにするために、最適なLinkedInツールを使って、アカウントを効果的に維持することができます。

留意点

リンクトインの接続を削除する方法を学ぶ前、リンクトインの接続を削除する際に覚えておかなければならないことがあり、それは以下の通りです。

  • 削除された接続先に削除の通知が来ることをストレスに感じている人は、その心配はありません。 一度接続を解除すると、その接続は目立たなくなり、関係する接続には通知されません。
  • 接続が解除されると、お客様と接続先で共有されていたすべてのエンドースメントが削除されます。 後で接続を確立しても、復元することはできません。
  • 削除された人が再び接続を開始したり、接続を確立したりすることはできません。 削除した人だけが、再び接続を確立することができます。

以上、接続を解除する際の注意点をご紹介しました。 これらの要因を知っていれば、判断を見直すことができるかもしれません。また、これらの結果に直面することなく、どうしても接続を解除する必要がある場合には、単に接続を隠すことができます。 相手の投稿や更新情報を見たくない場合は、接続先を非表示にすることができます。

LinkedInのコネクションを削除する

how to remove a connection on linkedin

リンクトインのコネクションを削除する方法を知りたい方は、以下の重要なステップを覚えておく必要があります。

  • まず、LinkedInにアクセスして、アカウントを開設します。 自分のプロフィールにある接続先のページにアクセスします。
  • 削除したい接続のプロファイルをタップします。 接続先の紹介欄の上部に、「more」というオプションがあります。
  • More」を選択すると、一連のオプションがポップアップ表示されます。 Remove connection」をクリックします。

これらの手順を完了すると、接続が解除され、その後「接続が解除されました」というオプションが表示されます。

マイネットワーク」ページから接続を削除したい場合は、以下の手順を実行してください。

  • LinkedInアカウントのホームページのトップメニューにある「My Network」アイコンにアクセスします。
  • ホームページの左側にある「接続」を選択してください。
  • コレクションの一覧が表示され、検索機能を使って削除したい接続を探すことができます。
  • 接続先の隣には、省略記号が表示されます。 省略記号をクリックし、「Remove Connection」を選択します。

これはlinkedinのコネクションを削除する方法を知るために必要な手順で、とても簡単です。 これらの手順をしっかりと確認して、効果的に活用してください。 LinkedInは、あらゆる分野のプロフェッショナルにとって非常に重要なプラットフォームですが、時には、コネクションを減らすことが最善の策となることもあります。 したがって、これらの要素を念頭に置いてください。