状況に応じて言葉を変えていく必要があります。 時にはカジュアルなコミュニケーションをとることもできますが、場所によってはプロフェッショナルなコミュニケーションが必要になることもあります。 それには、誰とコミュニケーションをとるかが重要です。 例えば、フォロワーとのコミュニケーションであれば、カジュアルな言葉を使うことになるでしょう。 口頭でのコミュニケーションは得意でも、文章を揃えるのが苦手な人は多いのではないでしょうか。 同様に、採用担当者に連絡を取る際にも、プロ意識を持ってメッセージを伝える必要があります。 これは、リンクトインでリクルーターにメッセージを送る方法を考えることにもつながりますこの記事では、あなたがまだ迷っていることをすべて解決します。

トピックの紹介

仕事の目的で採用担当者とつながっているのですから、少しでもミスがあると最大のチャンスを奪われてしまいます。 これは、あなたの言語を意味します。 声の出し方で、あなたのことがよくわかります。 ショートフォームやチャット言語の使用は避けるべきです。 先に述べたように、あなたは常にプロフェッショナルな響きを持つべきです。 リンクトインでリクルーターにメッセージを送る方法を知ろうとしているときに忘れてはいけないのはそれがプロレベルの事実だということです。 あなたが使う言葉や書く言葉は、常に採用担当者の第一印象を決めることを忘れないでください。

how to message a recruiter on linkedin

採用担当者へのアプローチはどのように始めればよいのでしょうか?

リンクトインで採用担当者にメッセージを送る方法を知る前に戦略を強化するための重要なヒントを知っておく必要があります。 メッセージと同じ役割を果たすものとして、以下の簡単なヒントをご紹介します。 インパクトを与えるためには、以下のような点に注意してください。

まずはプロフィールから。

  1. あなたのプロフィールをより良く整える。 つまり、プロフィールに記載する情報を整理してみましょう。 良いプロフィール写真を心がけてください。 あなたのプロフィールにも、良いヘッドラインとサマリーを加えましょう。 可能であれば、何か才能を加えてみてください。
  2. 自分が持っている仕事の経験を加えるようにしましょう。 プロフィールは、情熱的でエネルギッシュな雰囲気を感じさせるようにしましょう。 証明書やLORがある場合は、それをすべて追加するようにしてください。
  3. 特定の言葉を使いすぎないこと。 また、自分の書いた様々な作品へのリンクがあれば、それも加えてください。 採用担当者は、あなたの投稿をすべて見て回るほどの時間はないということを覚えておいてください。 そのためには、プロフィールに記載するのがよいでしょう。

採用担当者を探す

誰かを雇いたいと思っているリクルーターはたくさんいます。 チェックしてみてください。 あなたのプロフィールに好感を持った人が、仕事の依頼をしてくることもあるでしょう。 自社に空きがない場合もありますが、他社の求人情報を知っていれば、教えてくれるはずです。 このように、彼らと連絡を取っておけば迷うことはありません。

how to message a recruiter on linkedin

リクルーターへのアプローチの話題になると

linkinアカウントでプレミアムプランを利用している場合は、直接の連絡先リストに該当しない人にも簡単にインメールを送信することができます。 プレミアムプランをお持ちでなく、無料アカウントをお持ちの方もご安心ください。 採用担当者への連絡は可能です。 メッセージを送ることで簡単につながることができます。 相手のページにある接続ボタンを見つけて、それをクリックしてください。 コネクトボタンが見当たらない場合は、フォローボタンを探してみてください。 同じくフォローボタンで、「もっと見る」に進み、「接続」をクリックします。 また、自分と採用担当者の共通の関心事にも注目してみてください。 メッセージを書くときには、同じものを入れることができます。 そうすることで、彼のページを徹底的に見たという印象を彼に与えることができます。

採用担当者に送るメッセージには何を書けばいいのでしょうか?

ここでは、メッセージに盛り込むべきポイントをご紹介します。 その並べ方は、メッセージの中のポイントを並べるのと同じです。

  • まずは、お礼を言うことから始めましょう。 最初はお礼を言うなど、丁寧な対応を心がけましょう。
  • ここでは、採用担当者にメッセージを送る意図を含めます。 例えば、彼の会社で求人があり、あなたがその求人に応募したいとします。
  • その後、採用担当者が他の人ではなくあなたを選ぶべき理由を述べていきます。 要するに、自分のスキルやなぜその仕事に適しているのかを盛り込むことから始めましょう。 また、仕事の経験や興味のあることなどを盛り込むようにしましょう。
  • 最後に、あなたのプロフィールをより理解してもらうために、履歴書を添付してください。