LinkedInは、世界中のプロフェッショナルをつなぐためのプラットフォームです。 2002年に米国で設立されました。 充実した機能を備えています。 興味深いのは、あらゆる分野のプロフェッショナルが使用できるということです。 学生にとってのLinkedInとは何なのか、という疑問をお持ちの方。 なぜ学生がLinkedInのアカウントを作成する必要があるのでしょうか? 投稿をフォローする 一連の情報を案内してくれます。

what is LinkedIn for

このプラットフォームで作成したLinkedInのプロフィールは、あなたの仕事上の歩みを採用側に知ってもらうためのものです。 これは、雇用者が適材適所の候補者を選ぶのにさらに役立ちます。 もし、あなたがこのプラットフォームを初めて利用するのであれば、以下の記事を読み進めてください。 この記事では、プラットフォームのすべての主要機能と、それらが学生にとってどのように有益であるかを紹介します。 また、この記事では、希望する仕事を得るためにLinkedInがどのように機能するかについてもご紹介します。

学生がLinkedInを利用するには?

LinkedInのアカウントは、適職に就くための素晴らしいツールです。 さて、もしあなたが大学院生や大学院の学生で、就職を希望しているのであれば、LinkedInのアカウントを持つ必要があります。 これにより、多くのプロフェッショナルとつながることができます。 気をつけなければならないのは、あなたにとってのLinkedInは、他の人にとっては同じではないということです。 あなたは学生ですから、プロフィールはとても魅力的でなければなりません。 良いプロフィールを持つためには、いくつかの点に気をつける必要があります。 いくつかの重要なポイントを以下に列挙しますので、参考にしてください。

  • まず最初に、背景がはっきりしたプロ仕様の写真を追加して、良いプロフィールを作りましょう。
  • 見出しに書く内容に気をつけてください。 この部分は一般的に、採用担当者の注意を引き、その後の評価につながる部分です。
  • さらに、自分の業績をすべて書き加えて、優れたプロフェショナル・サマリーを作成するようにしましょう。
  • 採用担当者に経歴を知ってもらうために、学歴を追加します。
  • また、インターンシップやボランティア活動を加えることで、職業生活での積極性をアピールしましょう。
  • さらに、自分の個性や知識に応じて、いくつかのスキルを追加することもできます。
  • 自分のプロフィールを向上させるために、できるだけ多くのスキル承認を集めてください。
  • 最後に、自分のプロフィールを毎日見て、すべての情報を更新するようにしてください。

これらは、学生が自分のプロフィールを充実させるのに役立ついくつかのポイントであり、自分のプロフィールに向けて雇用者を引き付けるのに役立ちます。 何か賞や実績を得たら、そのことを書いた投稿をシェアして、他の人に知らせることができます。 しかし、自分自身に問いかけ続ける必要があるのは、「自分にとってのLinkedInとは何か? そうすることで、目標達成のための集中力を保つことができます。

what is LinkedIn for

どのようにして学生の役に立つのか?

LinkedInのアカウントを持つことは、多くの点で学生に利益をもたらします。 一つの仕事を得るだけでなく、プロのネットワークを構築するのにも役立ちます。 さて、学生がLinkedInのアカウントを持つことのメリットは、あなたの想像をはるかに超えるものです。 今日、誰もがソーシャルメディア・プラットフォームを利用していますが、ソーシャルメディア・プラットフォームがあなたに仕事をもたらしてくれるわけではないことを知っておく必要があります。一方、LinkedInのような専門的なプラットフォームはあなたにもっと良い仕事をもたらしてくれるでしょう。

また、近い将来に行われる面接の準備にも役立ちます。 もし、あなたがもうすぐ面接を受ける大学院生なら、面接官に好印象を与えるスキルを身につける必要があります。 LinkedInは、学生が自分のスキルや知識を高めるために進めることができるいくつかのコースを提供しています。 あなたにとってのLinkedInとは、ある人にとっては講座を修了するためのプラットフォームであり、他の多くの人にとっては人脈を築くためのプラットフォームであるように、すべての人にとってのLinkedInとは必ずしも一致しません。 他人のための求職プラットフォームである。

LinkedInは、個人や特に学生が市場で入手可能な求人情報を把握するのに役立つ素晴らしいプラットフォームです。 LinkedInを利用する理由は人によって異なるので、目的に合わせて利用することができます。 かなり主観的です。 ある人は仕事に適した人材を得るために、ある人は仕事を得るために使っています。 そこで、なぜLinkedInが必要なのかを考え、アカウントを作成します。