LinkedInに投稿するのに最適なタイミングを知りたい方は、このガイド全体をお読みください。 その詳細を知ることができます。

LinkedInは、キャリア志向の人にとって効率的なツールです。 このプラットフォームは、求職者だけでなく、採用担当者にも役立つツールを提供しています。 しかし、プラットフォームの使い方を知らなければ、同じものを使ってもあまり実りのないものになってしまいます。

when is the best time to post on LinkedIn

最大限の成果を得るために、メディアを賢く利用する。 まず、LinkedInにコンテンツを投稿する最適なタイミングを知る必要があります。 そのためには、LinkedInへの投稿のタイミングについての情報をまとめた以下のガイドをお読みください。

LinkedInに投稿するのに理想的な日とその理由は?

LinkedInに投稿するのに最適なタイミングを知るには、いくつかの要素を考慮する必要があります。 ビジネスネットワーキングは一般的なソーシャルネットワーキングとは全く異なるものであり、LinkedInの投稿がソーシャルネットワーキングのそれと異なることは驚くべきことではないという事実を認識する必要があります。 LinkedInに投稿するのに最適な日は、火曜日水曜日木曜日です。 最適な時間帯を聞いてみると、朝8時から夕方6時までが理想的な投稿の時間帯となります。 火曜から木曜までが最適な投稿日であることの理由は様々です。

月曜日は1週間の計画を立てたり、行動計画を立てたりすることが多いので、とても忙しくなります。 また、週末に行った仕事のための旅行や出張から回復する人もいます。 この日は、週末や公式旅行の惰性が残っています。

忙しい人もいれば、怠けている人もいるかもしれませんが、どのような理由であれ、月曜日はLinkedInのプラットフォームに投稿することができないことを知っておく必要があります。 今日は、反応を得たり、新しいつながりを作ったり、自分が投稿したコンテンツを誰かに見てもらおうとするには理想的な日ではありません。

LinkedInアカウント

逆に金曜日は、ビジネスマンや起業家が様々な理由でソーシャルメディアの利用を控えるかもしれません。 週末には家族旅行など、起業家のための家族の活動があるかもしれません。 また、週末には会議やセミナーに参加しなければならないこともあります。

週末に行うこれらの活動には、何らかの計画や準備が必要です。 一般的には、金曜日にはそのような活動の精神的なセットアップを行う傾向があります。 また、1週間の慌ただしいスケジュールの後では、候補者を探すためにLinkedInのアカウントを開く気にはなりません。

したがって、金曜日はLinkedInアカウントに何かを投稿するのは避けた方がいいでしょう。 最初のコンタクトは金曜日ではできません。 週末は間違いなく、LinkedInでの投稿は避けるべきです。 つまり、月曜と金曜は投稿に適していないことがわかったので、残った日は火曜、水曜、木曜が投稿に適した日として残ります。 人々は一般的に、これらの曜日に甘んじています。

どのくらいの頻度でLinkedInに投稿すべきか?

LinkedInに投稿するタイミングがわかったところで、次はどのくらいの頻度で投稿すべきかを考えてみましょう。 多くの研究で、人々は週に5回しか投稿しない傾向があることが確認されています。 その中でも、最もエンゲージメントが高いのは、最初の2回の投稿です。

when is the best time to post on LinkedIn

つまり、業種、コンテンツの種類、オーディエンスに応じて、毎週2~5回の投稿を行えば、良い結果が得られる可能性があるという結論になります。 投稿の際に注意すべき点は、投稿のがコンテンツの質を上回ることがないようにすることです。

何かを投稿する際には、このプラットフォームに投稿するコンテンツごとに、自分が戦略的で、スキルがあり、思慮深く、役に立つことを証明するようにしてください。 週に5回投稿する場合は、コンテンツの種類や書き方が異なるようにしましょう。

LinkedIn戦略は長丁場のゲームであることを忘れないでください。 採用担当者や求職者としてLinkedInに依存している方は、さまざまな戦術や実験を試して、どのルートが希望の結果につながるかを知ってください。

あなたのオーディエンスはそれぞれ異なるので、LinkedInに投稿するコンテンツに関するインサイトを明らかにする必要があります。 プレゼンの内容に工夫を凝らし、質を高めることで、様々なオーディエンスを惹きつけることができます。 LinkedInに投稿するのに最適なタイミングがわかったところで、さっそく取り組んでみませんか?